青春18きっぷのオプションで北海道入りゎ以前よりしやすくなったパターンあり(2021年ダイヤ改正ver)

北海道新幹線出来てからの本州と北海道の連絡が少しゎマシになった

ども、旅の費用すら捻出できへん三郎ダス

今や青函トンネル通るんが北海道新幹線だけなのでオプション扱いとなった挙句、青春18きっぷオプション券も消費税増税で2,490円かかるときたもんだ

その新幹線自体料金が高い上に乗車率も半端なく少ない(北海道新幹線区間でゎ特に)

今や民営化してJRとなったんで、営利を求めるんゎ摂理やと思いやすが、それにしても新幹線ばかりに力を入れても収支が赤字、いったい誰得?ってくらいに

2021年3月ダイヤ改正版の青春18きっぷオプション券を使った時のパターンを出しやす

・青森→函館

(パターン1)青森6:16発→蟹田6:58着/蟹田7:07発→津軽二股7:29着/奥津軽いまべつ8:12発→木古内8:45着/木古内9:05発→函館10:13着

所要時間3時間57分

(パターン2)青森11:01発→蟹田11:38着/蟹田11:44発→津軽二股12:06着/奥津軽いまべつ14:15発→木古内14:48着/木古内15:19発→函館16:22着

所要時間5時間21分

(パターン3)青森13:23発→津軽二股14:27着/奥津軽いまべつ17:01発→木古内17:34着/木古内19:00発→函館20:00着

所要時間6時間37分

(パターン4・最終)青森15:31発→蟹田16:08着/蟹田16:45発→津軽二股17:08着/奥津軽いまべつ19:01発→木古内19:34着/木古内20:44発→函館21:45着

所要時間6時間14分

・函館→青森

(パターン1)函館6:50発→木古内7:54着/木古内9:48発→奥津軽いまべつ10:21着/津軽二股12:56発→青森13:57着

所要時間7時間07分

(パターン2・最終)函館13:35発→木古内14:36着/木古内15:01発→奥津軽いまべつ15:34着/津軽二股15:54発→蟹田16:16着/蟹田16:25発→青森17:13着

所要時間3時間38分

(駅探で調べたもの)

このよーに、本州から北海道に渡るパターンが4つ、北海道から本州に渡るパターンが2つしかなのは相変わらずで、乗り換えの待ち時間が多く発生するのも相変わらず

しかし、函館発のパターン2のような神接続が、青森発のパターン1にも広まったんは朗報

2019年夏のパターンゎ次のリンクを参照

北海道新幹線出来てからの本州と北海道の連絡がクソすぎてワロタ ども、旅の費用を非常にケチる三郎ダス 昔ゎ青森〜函館間に快...

北海道発のパターンが長万部駅の糞接続で札幌からの普通列車の接続が無いが、青森から札幌まで1日でいけるんゎ、北海道入りする18キッパーにとってゎ朗報

参考までに、北海道入りした場合のパターン1の続きをば

函館10:55発→森12:21着/森13:44発→長万部14:57着

(室蘭本線経由)長万部15:29発→東室蘭16:51着/東室蘭16:58発→苫小牧18:20着/苫小牧18:42発→札幌19:59着

(札幌へ急ぎたい場合の快速乗り換え、南千歳乗り換えバージョン)苫小牧18:42発→南千歳19:02着/南千歳19:10発→(快速エアポート)→札幌19:44着

(札幌へ急ぎたい場合の快速乗り換え、千歳乗り換えバージョン)苫小牧18:42発→千歳19:05着/千歳19:14発→(快速エアポート)→札幌19:44着

山線は長万部での待ち時間が長いけど参考として出しやす

(山線経由)長万部16:38発→小樽19:50着/小樽19:58発→札幌20:42着

このように、本州から1日で札幌入りできる限界点が青森になったんは2019年夏と比べてかなり改善された感あり

もっとも、東京から青森自体まる1日かかるが、それでも2回分+オプション券で行けるんは大きい

いまべつと木古内の乗り継ぎ改善がもっと多くなれば、北海道新幹線の乗車率も上がるのになぁ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする