税金や借金の時効ゎいつリセットされるかわからない

税金や借金などの時効ゎ、外的要因でリセットの可能性ありんす

ども、今ゎ時効から逃れらててる三郎ダス

税金、借金から、時効で逃れようとする例もありんすけど、ただ逃げるだけでゎ外部で時効がいつの間にかリセットされてることを知らずに、時効の計算通りと思ってたらリセットされてて、差し押さえに遭う可能性が多々ありんす

税金や借金の時効に関して言うと、債権債務の法定納期限から5年経過すると時効が成立するんが、民法上の時効ダス

但し、借金等の民事債権に関しては、時効が成立した場合、債務者が債権者に時効の援用の意思表明をする必要がありんす

しかし、税金に関してゎ援用の必要が無く、法定納期限から5年経過した時点で自動的に時効が適用となりんす

ただ、借金で援用するにしろ、税金の時効待ちをするにしろ、外的要因で時効がリセットされ、借金の場合援用の否認が、税金の場合滞納処分がありんす

特に、税金の場合が徴収側も必死で、5年で自動的に時効が成立するんで、あの手この手で時効の停止やリセットを駆使して滞納者に処分を課そうと必死ダス

何故なら、時効を迎えたり納税義務者が死亡したりして回収不能な場合、税金の債権放棄ゎ不納欠損となり公的機関の損失になりんすから

債権者側ゎいかに回収するかを目的とし、債務者側はいかに免れるかを目的とし真っ向から対立しとりやすが、対立する原因も信用が喪失してることに他ならんダス

信用ゎ円満な債務履行が果たされてこそ成立するってことをお忘れなく…

参考書籍

「民事・税務上の『時効』解釈と実務 税目別課税判断から相続・事業承継対策まで」

https://a.r10.to/hbjxGK

https://amzn.to/302B4zG

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする