美徳のために命を捧げる日本人

苦労とか我慢とか忍耐とか、命を捧げる程の美徳なんダスかねぇ

ども、我慢や忍耐ってクソやと思う三郎ダス

それにしても、日本って嫌なことでも我慢するなんて美徳が出てきたんダスかねぇ、おそらく、太平洋戦争の時に劣勢に追い込まれて、我慢・忍耐・節制を押し付けられて、それらを納得させるための方便とかで「欲しがりません勝つまでは」なんてスローガンが、敗戦後の今でも残る残滓と思えてしゃーないダス

仮病やと決めつけて、無理矢理練習に押し込んで、苦労と忍耐ばかり押し付ける、これってはっきり言うて虐待としか思えへん

ほんまに頭が痛くなって、無視した結果が死や廃人なんてこともありうる危険性も認識してへんところがクソ狂師

それで美談なんてのゎ、頭の中がお花畑でもなきゃ理解できへんだすし

ちなみに、この狂師もワシが前職で最初に鬱になった頃の上司と似てて、違いゎメガネだけってくらいダス

パワハラ、罵倒、恫喝、詰問、それらが怒涛のよ〜に押し寄せて、忍耐を美徳とするなら耐えろと言わんばかりやったダスが、ワシゎ休職まで追い込まれたダス

とまぁ、その当時ゎまだ今ほど吹っ切れて無くて、俺の心が弱いからちゃうんかと、まぁ自分を責めてたダスし

今思えば、金のために自分自身を犠牲にするんゎアホちゃうかとも思いやすけど、その当時ゎ美徳の呪縛に囚われた意識高い系やったんで

逃げぐせを過度に嫌うんゎ、今50代以上の老害世代に多いダス

その世代ゎ、教育という名の暴力を日常的に受けて、それが当たり前と思って思考停止して、行く道ゎ社畜しかなかったとしか思えん

しかし、昭和の高度経済成長からバブルの時代って、終身雇用・年功序列などの旨味があって、それに、結婚・車・マイホームが一人前の3種の神器で、その有り難みを知らずに当たり前と享受し、それを旨味がなくなったことを知らずに、我慢の美徳が下の世代に押し付けられたダス

昭和の呪縛から逃れられへん氷河期世代ゎ、非正規雇用でも、我慢すればいずれ正社員に成れるとの希望、正社員に決まったら勝ち組だと思い込み、どんな薄給激務も甘んじて受け入れたこと

それらも重圧となり精神を蝕んで、希望がなくなった途端に自ら死を選ぶ、それで平成の失われた30年は自殺が増えた

それで、平成の末期にゎ終身雇用すら破綻することを示唆され、昭和の呪縛に囚われてる年代ゎ危機感を感じる

昭和の呪縛が少ない世代ゎ、早くてもゆとり世代以降

ゆとりさとり以降の世代ゎ、仕事なんて金を稼ぐための手段と割り切り、嫌なら辞める、そのことに気づいた世代かも知れん

我慢・忍耐を美徳とするようぢゃ、これからの騙し合いの時代に生き残ることが出来ずにこの世から淘汰されると思う

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする