無駄な努力ゎ社会の害

天才をなんやかんやで毛嫌いして潰そうとして、努力が過度に美化されとんのが日本の傾向である

しかし、このTwitterの記事のように

天才ゎ生まれながらに天才で、凡人が追いつくことはないというのは言えてると思う

凡人の1の才能で100努力さえすれば100の能力にゎなる

ただ、天才の100の才能で1の努力での100の能力にゎ及ばず、才能が100ある天才が10努力してしまえば1000の能力にもなる

やった者ならわかるが、努力ゎ身体的・精神的負担が非常に高く、ぶっちゃけしんどい

天才ゎそれを最小の努力で最大の成果を出すことに長けている

才能を努力で誤魔化そうとするから、学歴社会が破綻するとも言える

大企業に入るのも高い学歴が必要だが、東大早慶卒でも努力でのし上がってきた凡人が入るものだから、大企業も停滞する

まして、ブラック企業なんて凡人やそれ以下しか入らないので、努力=能力とみなされ、努力した凡人が有能扱いされて、努力しない奴が悪者扱いされる

天才が罷り間違ってブラック企業に入ったとしても居座るはずもなく、1年も居れば長い方である

逆に言えば、ブラック企業で努力を過度に強要するんゎ、入る従業員が揃って凡人ばかりだからである、なぜなら、石にかじりついてでもブラック企業に執着するんゎ凡人しかいない

まさに、凡人の平凡な成果を束ねて仕事にするんが会社の役目である以上、厳しく締め付けるのが正義って風潮がある

しかし、まさしくそれがブラック企業たる原因となる

凡人はブラック企業に居座ることでしか収入を確保できない

まして結婚して家を借金して買っていると悲惨極まりない、どんなに才能があっても凡人としてブラック企業に生涯を捧げる運命にしかならないのだから

ただ、天才ゎ凡人と違って常識的なことが抜けてる場合がある

例えば、かのスティーブ・ジョブズでも何日も風呂に入らずに、野菜しか食べてないから臭くならないという謎理論で通そうとしたが、非常に臭かったらしい

それに、天才と凡人が会話すると、話が噛み合わないことが多々ある

それは、天才が頭の中で同時に色々なことを処理し、会話の話題から外れたことでも話が出てくるらしい、しかし、凡人の話題に合わせるとかなり苦痛でイライラするらしい

まして、それを凡人が頭ごなしに話題が外れてると指摘しようものなら、天才が会話する価値も無いとして無視するようになるし、IQが20以上違うと会話が噛み合わない説もあるらしいし、ワシもそう推測する

凡人がのし上がるために、過度に努力がもてはやされて、天才を潰しまくったことが、失われた30年の原因に思われてならない

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする