借金を働いて返そうとすると自滅する

借金なんてものゎ、身の丈に合わない欲求を満たす麻薬のような誘惑であることを、まず先に言っとく。

ワシゎ若い頃にゎ、車・キャバ・風俗・ギャンブルと、絵に描いたような自滅人間やった。

クレジットカードゎ今時の便利な決済、現金なんて古臭い、そんな感じやった。

某小原氏ゎ「カードは麻薬」と言っていたが、今ゎまさにその通りと思っているが、以前のワシゎどんなに現金がなくても支払える魔法のカードと本気で思ってた事もあった。

今ゎ間違いなく愚かだったと認識できるが、当時のワシゎ健康診断も引っかからず、心身ともに健康そのものやったんで、借金なんざ働いて稼げば返せると本気で思ってた。

しかし、労働によって心身ともに蝕まれ、そのストレスを発散するためにさらに借金を重ねて娯楽に溺れて行った。

例え年収500万円あったとしても、その発散に200万円を費やしているのであれば、結果として年収300万の生活水準しかない。

高年収でも貯蓄ができなきゃ低年収となんら変わりない。

恋愛や、まして結婚ともなると「金の切れ目が縁の切れ目」

ワシにも結婚を意識した彼女が以前は居た。

遠距離恋愛で、ドライブにも行ったり、ブランド物を買ったりした事もあった。

しかし、カードの限度額が来て支払えなくなった時、元カノに愛想をつかされた。

カードが麻薬であれば、恋愛も麻薬やと思う。

そして、仕事でも、精神的に大変な仕事で、鬱になったりして休職も繰り返し、借金も返す当てもなくなった

結果として、自己破産して前職を辞めた。

とにかく定年まで働いて、結婚して子供を持って車を買って一戸建てを建てる…

貯蓄が1000万円無ければその幻想は捨てた方がいい。

幻想に囚われると、仕事のためにテンションを上げて成功したと思いきや、その反動でガクッと憂鬱になる事もある、ワシがそーだったみたいに…

今は子供産めとか少子化食い止めろとか政府はうるさいが、そもそも貯蓄が1000万出来ないようなのが家庭を持っても破綻するだけだと思う。

ワシゎ、結婚・車・キャバ・風俗・ギャンブルを全て断捨離して、モノを減らし続けるミニマルライフを目指している。

ミニマリズムに大変な激務はかなりの障害となる、何故なら、仕事のストレス解消で爆買いや爆食いをして、あっという間に貯蓄も溶けて借金も増える。

むしろ、公務員や大企業勤務のほぉが、ローンやカードの審査が通りやすく誘惑の危険性が非常に高い。

後払いのカードは自転車操業で破産する危険性が高い、カードを作るのであれば残高の範囲で支払えるデビットカードのほぉがまだまし。

あと、奨学金も借金なので、奨学ローンを借りてFランク大学に行くのは愚の骨頂!

奨学ローン借りてFラン大学行くくらいなら、高卒のほぉがよっぽどマシな生活を送れる。

奨学ローン借りる価値のある大学ゎ、東大京大早慶クラス!

結局、若い内に借金してまうと、必ず破綻するものだ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. Mr.X より:

    体験することで分かる経験は強い。

    労せず手に入るものは、全て麻薬。

    地道な積み重ねによって培われる信用、
    成果に勝るものはないですよね。

    田中さんの今後の飛躍を願っています。

    • sub-row より:

      コメントありがとござす!

      体感による経験に勝るものゎ無いと思いやす。
      地道な積み重ねで得られるのは、信用と、成果と、それと直感
      経験が長いほど良い仕事するってのも、マニュアルでは表せない経験で磨かれた直感やとも思いやすし

      労せずして快感を得るんが麻薬、その誘惑に勝てないと節制などできない
      しかし、社畜になってしまうと金銭感覚が麻痺して、ストレス発散の麻薬に費やすこともありんす